2015年9月29日火曜日

内子町並観月会

 この行事が、何時の頃から始まったのかは知らない。ずいぶん昔だが、私が生活していた頃にはなかった行事である。きっと昭和57年この護国地区が、国の「伝統的建造物群保存地区」に指定されてからのことだと思う。
 内子中学校に在籍した3年間は、この建物群の前を通って通学していたが、建物の中が暗くて陰気な感じがした。同級生の家もこの中にあり、今では重要文化財になっている。(撮影に行った時、中学卒業以来初めて彼に会ったが、彼は私のことを覚えていない感じだった。)
 ほとんどの民家が、室内灯を落として行燈をともしていたので、幽玄な世界を醸し出していた。宇和町の「卯のほたる」と違い、見学者は大人の方が多いのでしっとりした感じである。また、商店が開いていたのと本芳我&上芳我邸ではイベントがあったのみで、提灯行列等があった訳ではないので静かなイベントであった。

坂町地区の坂を上がっていく途中から幽玄な世界が広がる。
人が途切れた時を狙って撮影した。露光時間が長いので大変だが面白い写真になる。
同じ建物を反対側から撮影 二階のススキをポイントにした。(人が動いているが映り込まない。)
お茶を楽しんでいるが、蛍光灯でないので落ち着いた感じだ。
琴の演奏があったが、多くの見物客がおり撮影が大変だった。
上芳我邸の入り口
生け花が、中央に来すぎたか!!
ご存じ大森和蝋燭店の玄関(多くの方が訪れていた。)

2015年9月28日月曜日

松山空港

 終日、松山空港で過ごした。幸せな時間だったが、発着便が少ないので待つ時間が手持ちぶさたである。特に15時台は、15:05沖縄からの到着便と15:10羽田への出発便だけである。この間、セスナ機の離発着の練習や海上自衛隊徳島教育航空群のハイパー機がやってきてTouch-and-goの練習をやっている。ローカル空港ならではの光景である。
 高松空港では、落語家の桂○珍氏が自家用飛行機でうどんを食べに来るという。四国の空港は、のんびりしたもんだ。
ロールスロイル社製のエンジンが逆噴射している。このエンジンは、一回り大きいような気がする。
アンチコリジョンライトが点灯した時を狙った。
どちらも同じ機材(ボーイング737-800)
ボンバルディアDHC8-Q4 ANA機材
ボンバルディアDHC8-Q4 JAC機材
南公園も親子連れが多かった。
バランスの取れた美しいフォルムをしている。
浮揚すると一段と翼のしなりが美しい。







2015年9月27日日曜日

松山空港・空の日

 9月26日(土)に「松山空港・空の日」が実施された。主に幼児や小学生対象のイベントが中心である。
 FBでその事を知ったのでイベントの一つであった「空港内バスツアー」に往復はがきで応募した。320名の募集に600名以上の応募があったそうだ。
 このイベントは、貸し切りバスに乗って説明を聞きながら空港内外周道を回るものである。小さい子供も多かったのだが、アマチュアカメラマンもかなりいた。
 かなりゆっくりしたスピードで動いてくれるので、ゆったりと見ることができたが通路側の席だったので撮影には苦労した。
埋め立てて延長した滑走路部分(前のオレンジは、1号車)
バスの窓ガラスに反射している室内の様子が気になるが・・・・仕方がない。
大阪からの到着便(ボーイング737)がタイミングよく下りてきた。
(普通、松山空港でこの位置からの撮影はできない。)
ローカライザー(広島空港でこれに車輪を引っかけて事故になった。)
ローカライザーの説明図(ネットからの添付)
空港内に川が流れている。知らなかった!!
地上クルーや県警ヘリの職員も手を振ってくれたが撮影できなかった。
「空港で働く車1」
「空港で働く車2」 この車が、働かない方がいい。

2015年9月25日金曜日

月下美人咲く!

 今年6月21日に大きな花芽を付けたので、下旬には咲くだろうと思っていた。ところが注意深く観察していたが、気がついた時は花が萎んだ時であった。「見逃した!」と思っても後の祭りであった。
 今年の夏は株を戸外に出し、15時くらいまで日光が当たる場所に置いた。9月10日過ぎに花芽が次第に大きくなり期待が膨らんだ。
 今回は、見逃すことができないので小学生の自由研究のように毎日観察をした。9月24日20時過ぎに2輪とも開花した。玄関は、ほのかに甘い香りが漂っていた。明日の朝には、もう萎んでいる。美人薄命とは、このことか!!(「男前薄命」と言っている方もいるが・・・元気なもんだ\(^_^)/。)
株の割に植木鉢が小さいので支えが大変!!
上下二輪の花が咲いている。
純白でとても清楚だが、豪華な花である。
下の花も大きくて素晴らしい。
ランにも香りを嗅がしたが・・・・。
やっと見ることができた。
今朝起きて見てみると萎んでた。

2015年9月24日木曜日

日本一遅い新幹線 Ver2-2

 一日置いて再度、予土線沿線に出かけた。
 吉野生駅構内にある連絡橋の上から構内に入ってくる0系を狙ってみた。撮影を終え、急いでいつのも鉄橋に走ったが着いた時には、鉄橋の真ん中辺りを走っていた。真土駅の彼岸花は、白く変色していたので撮影を止めた。
 頭の中で考えていた場所に向かって車を急いで走らせたが、連休で通行車両が多いので思うように走れない。
 西ヶ方駅近くの直線で流し撮りを試みたが、どれもピントが甘くて失敗だった。未だに遅いシャッタースピードでの流し撮りをマスターできない。
 遠足号の撮影には幾つかの撮影ポイントがあるが、私が考えているポイントはきっと撮り鉄さんたちにとれば「当たり前!!」の所ばかりであろう。ただ、混雑するカメラマンの中で撮影できるかが問題である。
 帰りに道の駅「とうわ」で売っている焼き栗を買おうと思って行ったが、駐車場に入る車が500m以上も並んでいる。小さな道の駅なので駐車場も大きくない。「なんてこったい!」と思いながら断念して帰宅の途についた。

前回は、この陸橋の上から撮影した。線路内の雑草が、いかにも赤字ローカル線だ。
連休なのでそこそこのお客さんが乗っている。
短いホームの駅「真土駅」
江川崎駅に到着!!親子連れがたくさん下りてくる。
乗り物のテールランプは「赤」である。この新幹線は前照灯の前に
赤い色のアクリル板を手動で入れてテールランプにしている。
(運転手さんにお願いして片方を抜いてもらった。)
帰りに次男の海洋堂ホビートレインに出会ったので撮影した。(吉野鉄橋)
(後ろの車両は、サイクルトレイン。)


2015年9月22日火曜日

日本一遅い新幹線 Ver2-1

 10月3日に「予土線3兄弟2015秋の遠足号」が運転される。これは、「しまんトロッコ」「海洋堂ホビートレイン」「鉄道ホビートレイン」の3つの車両が連結されて宇和島・窪川間で運転されるものである。
 この日、どこで撮影するのが良いのか探すため、江川崎まで0系新幹線の先回りをしながらロケハンをした。松野東小近くの鉄橋・江川崎駅の近くに長い鉄橋などが撮影ポイントになる。
 もう一度、ロケハンして江川崎駅以降のポイントを探しておかなければいけない。
吉野生駅手前、新しくできたバイパスにかかる橋の上から撮影した。
ここは外せない!!松野東小から少し真土に寄った鉄橋
鉄橋を渡った所
ここで撮影する場合、レンズの選択がポイントになるか!?
上りの0系新幹線 真土駅近くの踏切に咲く彼岸花
松丸駅に停車!!

2015年9月20日日曜日

雨の松山空港

 水煙の中を離着陸する飛行機を撮影したくて、雨の日を狙って松山空港へ出かけた。
 前日の夜、松山空港に電話して、松山空港最終到着便のANAの機材がボーイング787であることを確認した。そうすると、翌日のANAの始発便の機材が必然的にボーイング787になる。「朝早く起きて行くのであるから好きな機材を撮影したい。」と思うのは、自己満足の世界であるが至極当然なことである。(友人は、「物好きだ~。」というが・・・。)
 空港に着くと航空局の黄色い車が、滑走路を行ったり来たりして点検を行っている。それにしても、やけにカラスを含めた野鳥がたくさんいる。バードストライクにならなければ良いがと心配になった。また、空港内の消防車が仕業点検を盛んにしている。空の安全を守るため、朝早くから活動している方々に頭が下がる。
 
 カメラのレインカバーやカッパを用意して雨の日の撮影に備えたが、松山という所は雨の少ないところだろうか。空港に着いてしばらくすると雨が上がってしました。「何てっこったい~。」と思ったが、最初の2~3便は滑走路に溜まっている雨で水煙が上がるだろうと思い、最初の離着陸機に集中することにした。
前日から駐機していたのは4機!!
滑走路の点検をするため航空局の車が走っている。
この風景が、松山空港の特徴だとルーク・オザワ氏は言っている。
本日の始発便は、JAL430便羽田行き(機材は、ボーイング737) もう少し水煙が上がって欲しい所だが・・・。
第2便は、ANA582便羽田行き(機材はボーイング787)
次第に水煙は、上がらなくなった。
ボーイング777の後ろ姿!! フルフラップ状態!
逆噴射した際、排気が外側に出るので残っている水分が舞い上がった。
ターミナル側から流し撮りをしてみた。(1/60だと撮影ができるのだが・・。)
煙突の煙が左に流れているから通常はR32からの離陸となる。)
これも流し撮りだが、R14からの離陸だ。出発便が多かったのと風力が弱かったからのようだ。