2015年3月31日火曜日

松野の桜

 天気予報で週の後半は、天気が悪いと出ていたので月・火曜日に桜の撮影に行くことにした。
 うわつさんのブログがとても参考になり大助かりである。
 月曜日は、松野町文殊公園・松野中・鬼北町川上・大本神社を回った。
 文殊公園では、直ぐ横のお家に住んでいるおばあさんが出てきて、「天気が良い日は、ここに座って桜を眺めるんよ~。」と言われていた。私にも、あめ玉をいただいた。
 松野中では、町老人会のお花見が行われており、NHKやケーブルテレビの取材クルーも来ていた。また、音楽クラブの生徒たちがお琴を演奏しており、そこだけゆっくりとした時間が流れていた。Y校長が、「住民を招待して松野の花見をやりたいんですよ。」と言っていたことが現実となった。素晴らしい活動である。

春爛漫の文殊公園
枝垂れ桜の下にはお墓がある。
この場所でお花見をするそうだ。
地域の方々が、清掃をされているので素晴らしい環境になっている。
こちらも素晴らしい。
老婆は、何を思う。
松野中音楽クラブのメンバー

2015年3月30日月曜日

一夜限りの竹灯籠

 宇和島伊達入部400年祭のプレイベントとして「一夜限りの竹灯籠」が実施された。
 多くの方々が、ボランティアとして参加されている。この方々の力が、これらのイベントの推進力になっている。
 18時にはすべてのロウソクに火が入り、日が暮れるのを待つだけであった。見物客も三々五々集まるとともに、アマチュアカメラマンも多数来ている。
 初めての参加でどこを切り取ればいいのか分からないので多くのシャッターを切った。作品になるような写真はなかった。

多くの方々が、準備をしている。
これだけのロウソクに火を付けるのは大変である。
400の文字が、次第に浮き上がってきた。
撮影には、かなり高い場所がないとはっきり見えない。
宇和島伊達藩の家紋が浮かび上がってきた。
構図が、難しい。ローアングルでの撮影

これが、限界か?お城を入れればよかった。
春雨亭の明かりの映り込みを入れた。
かなり浮き上がってきた。

2015年3月29日日曜日

合間を縫って!

 宇和島さんさと仙台すずめ踊りが終わり、竹灯籠点火までに時間があったので天赦園内に設置してある緋毛氈と赤い傘(何という名前か知らない)を撮影した。

手前の竹垣が邪魔
春雨亭をバックに撮影してみた。
すすめ踊りのメンバー!バックは、潜淵館
緋毛氈の縁台が、中央に来てしまい作品とはならないか~?!


2015年3月28日土曜日

宇和島さんさ&仙台すずめ踊り

 鬼城さんから「1日だけの竹灯籠会があるよ。」という連絡があり、一緒に撮影に行かせてもらうことにした。
 当日、さんさ踊りとすずめ踊りもあることが分かり、早めに天赦園に行った。宇和島さんさは、何度か見たことがあったが、仙台すずめ踊りは初めてである。さんさが「静」であれば、すずめは「動」である。さんさ踊りは、天赦園のような場所がよくにあうが、すずめ踊りは、繁華街のストリートがよく似合う。ガイヤオンザロードと似ている所があるが、はっぴ姿や扇の動きのセンスが全く違う感じがする。

優雅な時間のスタート!
天赦園によく似合う!!
扇の動きが何とも良い具合!!
女性二人の笑顔が大変素敵だ。
本来の踊りは、連を組んでの参加だそうだ。

 
 

2015年3月23日月曜日

canon撮影会 2

 今回は、送迎デッキからの撮影なので、地上スタッフを意識した構図で撮影した。
 どう切り取ればいいのか分からないが、100mm-400mmを使って撮影してみた。管制塔にいる航空管制官のシルエットを撮ろうと試みたが、なかなか姿を見せてくれなかった。

地上に降りたCA
3・4歳の子どもが、「トーイングカー」と叫んでいた。未来の地上スタッフか!
ANAのトーイングカー(一つ一つ指さし確認をしている。)
B737に荷物を格納中
OnTimeで出すためキビキビと動いている。
機内清掃スタッフが一斉に乗り込む

2015年3月22日日曜日

Canon撮影会


 松山空港で実施された。本来の意図は、EOS7DMkⅡカメラや望遠レンズを使用してもらって顧客を増やそうという意図のようだ。それが分かっていても、どうしても使いたいレンズがあったので申し込んだ。
 今回使用したレンズは、EF100-400mm F4.5-5.6L ISⅡ USMである。購入したいと思っているが、宝くじでも当たらないと今の私の財力では手も足も出ない。
 使用してみていいレンズであることは十分に分かったが、重量が重すぎる。また、100mmから400mmにする場合、1/4回転(90°)レンズ回すだけなのだが、レスポンスが悪いように感じた。これは、レンズが新しいためかもしれない。だとしても、欲しいレンズである。

今回も管制塔と機長のやり取りを聞きながらの撮影
ボーディングブリッジ内の地上スタッフ
COパイの顔も確認できる。
機体中央上部に円形の突起物があった。初めて見た。
空気抵抗が増えるので燃料効率が悪いのでは・・・。
最近こういう風景が好きである。
エプロン内を地上滑走中のコックピット内が確認できる。
好きな一枚!!


 

2015年3月15日日曜日

四国遍路2-10 その2

 二日目は、高知県内の6ヶ寺の参拝である。
 一回目の巡礼では、徳島市から室戸岬を通り高知市までは走っていない。
 父が11歳の時、曾祖母と遍路に出て、「弘法大師に会った。」と言ったのがこのゾーンである。
 『この地で所用ができバスに乗った時、財布の中にバス代を支払うだけのお金が入ってなく、襟に縫い込んだお金を取り出そうとした時、見知らぬ男の人がバス代を払ってくれたそうだ。お返しをするので名前と住所を聞くと、返してもらわなくていい。これから困っている人がいたら助けてあげてほしいと言われたそうだ。』
 その時の父の経験が、父が最後を迎える時まで生き続けていたと思っている。だからこそ、今回の遍路でこの場所を通りたいと強く思っていた。

 八十八ヶ所の札所を回る間に、どこかでお大師さんにお会いするとよく言われる。前回は、母の長寿お礼で回っていたが、84番屋島寺を参拝し、壇ノ浦古戦場を見ていた時、母に大変よく似た女性が車から降りてきて、こちらを向いて優しく微笑んだ。その時、「お大師様にお会いできた。」と感じた。
 しかし、今回はまだお大師様とお会いしていない。どこで、お姿を見せてくださるか、あるいは見せてくださらないのか楽しみである。
宿泊しているホテルは、朝日が綺麗で有名な所だ。
部屋の横にあるテラスのような所で走り回るラン!!
御厨人窟から空海を望む。
最御崎寺本堂
津照寺から太平洋を望む。
(前回は、工事中で上に上がることができなかった。)
金剛頂寺から室戸岬を望む。(息子が撮影)
よく手入れされている神峯寺
大日寺本堂前で団体参拝者がお参り(先達は、女性であった。)
落ち着いたたたずまいの国分寺境内(長宗我部元親が再建した。)

2015年3月14日土曜日

四国遍路2-10 その1

 今回は、初めて一泊二日での参拝とした。12番焼山寺と20番鶴林寺から29番国分寺までの11ヶ寺の参拝である。徳島県から室戸岬を回り高知県にあるお寺である。参拝には娘のランも連れて行く。それに伴い、ペットと一緒に泊まれるホテルを探した。
 12番焼山寺と20番鶴林寺は、標高の高い所にあるので冬期は車で上がることはできない。また、21番太龍寺は、「西の高野」と呼ばれ高所にあるが、ロープウェイで上がるので心配がない。ただ、鶴林寺と太龍寺はすぐ近くにあるのでセットで参拝しないと参拝にロスが出てしまう。
 距離的に宇和島から一番遠い所にある札所なので車の運転も大変であるが、今回も息子も運転してくれるので大変楽である。
 2日前に降った雪のため道路を心配していたら、歩き遍路結願の貴公子さんから「雲辺寺は、雪のため上がれなかった。行く札所に確認を!!」とメールが来たので電話で確認したら「12日の朝は凍結するでしょうが、昼には溶けるでしょう。」ということであった。
 心配しながら息子の運転で上がって行った。途中大きな「つらら」があったが、問題なく駐車場に入った。駐車場には除雪された雪の塊が残っており、参道には踏み固められた雪があった。
 発心の道場を打ち上げ、予約していたホテル「えびす洞 白い燈台」に入った。私もランも初めての経験であったが、何とかスムーズに過ごすことができた。

標高が高いので大きなつららが・・。
衛門三郎の臨終の地 金剛杖が、大きな杉の木になったと言われる。
衛門三郎が、やっと弘法大師に会えた。
鶴林寺の山門にも鶴がいる。
西の高野の大師堂 高野山奥の院とよく似ている。
太龍寺ロープウェイ
平等寺は、紅梅&黄水仙など華やかだ。
薬王寺から日和佐城を望む。ホテルは、左の奥。
ランは、部屋でウロウロして落ち着かない。