2015年1月30日金曜日

四国遍路2-7

 今回は、急遽徳島県の札所を回ることにした。計画では、松野町・四万十市を通って高知市内から西の札所を回るつもりだったが、当日の松野町の最低気温が「-3℃」と出ていたので路面凍結を心配して、自動車道で行ける徳島県にした。
 徳島県に入ると周辺の山が真っ白になっており、徳島市内に入る直前の気温は「4℃」で、徳島県は「寒い所」なのだと認識した。前回の大雪が分かるような気がした。
 今回は、13番大日寺から19番立江寺までの7ヶ寺だが、逆打ちで回ることにした。また、二回目の巡礼では、「八十八ヶ所札所山門で記念撮影をする。」ことにしているが、10番切幡寺山門での記念撮影を忘れて帰ってしまっていたので帰りに寄って撮影をした。

寒い中、入り口近くの石柱の横に水仙が満開になっている。
前回は、裏口から入ったが、今回は、きちっと山門から入った。
奇形な岩盤の断層が重なる「流水岩の庭」
どの札所も境内は整備されているが、ここだけは岩盤がむき出しで歩きにくい。

昔恩山寺は、女人禁制のお寺であったそうだ。
立江寺の御大師様の立像は大きい!!

切幡寺山門での記念撮影

2015年1月19日月曜日

四国遍路2-6

 愛媛県内の札所は、40番観自在寺から65番三角寺までの26ヶ寺ある。旧宇和島伊達藩には、4ヶ寺があるが、残していた3ヶ寺を1/18に参拝した。これで、菩提の道場(愛媛の札所)を打ち上げることになる。
 日曜日だが、寒いので参拝者も少ないだろうと思っていたが、何と大型バス2台・マイクロバス1台の参拝者がいた。
 今まで回っていて団体さんと重なった時、個人で回っている参拝者を優先して納経帳に御朱印をついていただいたのだが、41番龍光寺は、納経所に来た順番で御朱印をついてただく。私の前には、大型バスの団体さんの納経帳がどっさりと積んである。「参ったな~(>_<)」と思っても仕方がない。10分以上待ってやっと完了した。
 42番仏木寺は、納経所が替わっていた。今までは鐘楼の近くの建物であったが、今回は一番上の段のお地蔵様のすぐ横の建物であった。
 ここでも納経に時間がかかった。今回は、納経とは関係のない女性二人が、「厄年」について副住職にあれやこれやと質問をしていた。
 私が厄年の時、叔母から「厄を落とすのではなく、人のお役にたちなさい。」と言われた。これは、「言葉のあや」と思っていたが、今日TVを見ていたら「厄」には「厄と役」とがあることを言っていた。叔母の言っていたことは正しかった。
 旧宇和島伊達藩の札所は、「藩内に入ってから7日間で出なければいけない。」という、決まりがあったそうだ。なかなか広い領内なので大変だったようだ。

団体さんの一行と重なってしまった。
龍光寺には、一段高い所にお稲荷さんが祀ってある。
仏木寺の鐘楼の屋根も落ち着いた雰囲気になった。
大師堂の前には、団体さんご一行様が参拝中!!
歴史を感じさせる明石寺山門

2015年1月17日土曜日

四国遍路2-5

 1/15に出かける予定であったが、雷鳴と大雨のため一日延ばして1/16に出かけた。予定では、今治市にある54番延命寺から59番国分寺までの6ヶ寺の参拝であったが、スムーズな参拝ができたので、西条市小松にある61番香園寺から64番前神寺まで参拝することができた。
 今治市の札所も西条市小松の札所も寺同士の距離が近いので、「車に乗った。すぐ降りる。」の繰り返しでなかなか忙しい参拝になる。また、二度目になると道路が分かっているので走りやすい。
 「菩薩の道場」も残るところ、41番龍光寺・42番仏木寺・43番明石寺の三ヶ寺となった。来週には、打ち上げをすることができるだろう。

長生きしたいという思いの方が訪れるのか参拝客が多い延命寺(参道の店が、新しくなっている。)



                   南光坊の山門にある「四天王」
                  (仁王像ではないのは、珍しいのではないか?)      

いい余韻を残す栄福寺の鐘
歩き遍路の方々は、この山門をくぐり急な階段を上がって本堂に向かう。
参拝の仕方も板に付いてきた。
吉祥寺境内にある石
(この石の穴に目をつぶって金剛石を通すことができれば願いが叶うといわれている。)

2015年1月11日日曜日

ウォーキングの途中

 久しぶりに戎山を一周してきた。自宅を出て一周すると1時間20分くらいかかるので、少しばかりの疲労感がある。最初は、九島架橋の現場までは行くつもりはなかったが、歩いていると接続道路の工事が結構進んでいるようなので、架橋現場まで行ってみることにした。
 洋上の工事はストップしていたが、戎山側陸上部の工事が進んでいるようだ。工事は、平成27年3月25日までとなっていた。

戎山南側の取り付け道路工事
(左側が、今までの道)
南側の道路を右に回り込んで、橋の取り付け場所に着く。
戎山側の橋の接続場所(?)の基礎工事現場
洋上の架橋設置場所
しばらく見ないうちに上の部分ができていた。
(橋梁部分は、別の場所で造っているのかもしれない。)


2015年1月9日金曜日

四国遍路2-4

 妻の静脈瘤手術後三ヶ月の検診のため、四万十市にあるH病院へ行った。結果は良好で、半年後に再度検診を受けることになった。
 せっかく四万十市まで行ったので38番金剛福寺と39番延光寺、40番観自在寺を参拝することにした。
 早々に金剛福寺の参拝を済ませて足摺岬展望台へ。天気は、良かったがさすが足摺岬だ。風が強い!また、冷たい。足早に展望台を降りて、延光寺へ向かった。
 来た道を引き返すのでは能がないと思い、三原村を抜けて延光寺に向かった。山に向かった所で右左を間違えて右に入ってしまい、進んでいると車が通った形跡がなくなってしまった。道を間違えてと思いUターンをして左の道を進み事なきを得た。一車線ではあるが快適なドライブコースである。貴公子さんもこのコースを通るのだろうと思った。
 延光寺では、伊予鉄バスの参拝ツアーの方々と一緒になり、納経所が混雑してしまった。この札所は、ペットが入ることができない。
 今回の参拝は、3ヶ寺だったのでゆっくりとお参りすることができた。

金剛福寺の仁王像
金剛福寺の境内は、池があり落ち着いたたたずまいである。
久しぶりのお外で、頑張って参拝をした。
定番の風景!!
日当たりの良い所は、椿の花が咲き始めている。
延光寺境内
延光寺で白衣に亀の御朱印をいただいた。(左上の印)

40番観自在寺

2015年1月6日火曜日

朝霧湖畔イルミネーション

 朝霧湖畔にあるイルミネーションの撮影に行ってきた。野村ダムを渡り、ほわいとファームに行ったがイルミネーションがない。おかしいと思いジョギングしていた男性に聞くと、「ダムに入る直前の県道29号線横にある。」ということであった。そういえば。大きな牛がいたな。そこだった。
 17時に点灯!しかし、三ヶ所あるイルミネーションの内、一番奥の展望台にあるイルミネーションと手前の円錐形のイルミネーションの下だけ点灯しているだけであった。
 「なんてこったい!」といいながらも「予算がないのかな。仕方がないな~。」と思いながら撮影を始めた。
 うわつさんから、「ブルースカイのうちにイルミネーションを撮影をする。」ということを聞いていたので、時間との勝負と何も考えないで急いでシャッターを押した。

空がブルーになる時間は短い(^_^;)
展望台の前面にイルミネーションが飾ってある。
偶然女性二人が見に来られたのでバックショットで!!
構図が取りにくい(-_-;)
プレートを入れてみた!!
時間が、少し早かった。
上から見ればこんな感じ。
帰ろうとしていたら、家族連れが来たので急いで撮影した。

2015年1月4日日曜日

1月歩こう会

 平成27年最初の歩こう会は、津島町清満地区で行われた。参加者は、いつもより少ない25名であった。
 清満公民館に集合し、湯乃香荘(旧馬の淵温泉)折り返しの約2時間のコースである。晴天無風の天気にも恵まれ、気持ちよく歩くことができた。
 道々、「過疎が進んでいるな!」と感じさせる物があり、少し寂しい気持ちになった。しかし、「季節は、確実に進んでいるな(^_^)v」と感じさせる物もあり、嬉しい気持ちにもなった。

少数精鋭の参加!
(副会長のSさんは、来られていたが風のため不参加!)
穏やかな天気で、気分もすっきり!!
山財地区にかかっている橋のプレート
どなたも住んでいないのか!危ない!!
墓地の一角にあった石仏(掃除が行き届いていた。)
上のコンクリートは、今は使われていない水路
(以前は、生活用水に使われていたが、
  山財ダムができたので使われていない。)
休みだったが、我々のため開けていただいた。
ほんのり硫黄の香りが、建物内に漂っていた。
紅梅が、咲いていた。春は、そこまでやって来ているのか?!
蝋梅も咲き始めていた。良い香りがしていた。