2014年12月31日水曜日

メインPC機

 以前から「交換しようかな?!」と悩んでいたのが、メインPC機のハードディスクである。HDDは、使っているうち音が高くなり気になるし、起動終了のスピードが遅くなる。
 先日も画像を処理しようと思ってスイッチを入れるが、なかなか起ち上がってこない。3分近くかかったのではないかと感じた。 「ひょっとしてクラッシュの前兆か」と思い、思い切ってHDDを換装することにした。
 せっかく、換装するのだからHDDからSSDにしようと考え、「Transcendト社の512GSSD」「引っ越しソフト」を発注かけたが、年末で配送に一週間以上かかった。
 HDDを丸ごとコピーしてSSDに載せようと「引っ越しソフト」を買ったが、そうすると今までたまっていたゴミまで載せることになると考え止めることにした。SSDにリカバリーをかけて工場出荷時の状態に戻すことにした。
 昨日、大掃除もしないで換装をした。メイン機は、省スペース型なので遊びがなく、また、3.5インチベイに2.5インチを載せるためのアダプターがあるが、ねじ穴の場所が違うため苦労をした。また、マザーボードと電源ケーブル&SATAケーブルの距離が短くなってしまい大変だった。
 2時間近くかかって換装が完了し、リカバリーをかけて工場出荷時にもどった。これから、アプリケーションのインストールとその設定をやらなければならない。これが面倒だ~。

価格的には割高感があるが、静かで速いのがいい。
DVDの後ろ側に3.5インチベイがあるので大変だ。
リカバリー開始
リニューアルしたメイン機
 データは2台の外付けHDDとNWドライブに格納してある。

(一年間、ブログを見ていただき、ありがとうございました。良いお年をお迎えください。)

 
 

2014年12月24日水曜日

三間町中山池

 初めてイルミネーションの撮影に出かけた。といっても、夜間撮影をしたことがないので、夜間撮影の練習みたいなものだ。
 天皇誕生日の夜だったので、家族連れやカップルが多く訪れていた。しかし、「声はすれども姿が見えず」状態なので全然気にならない。
 うわつさんから、イルミネーション撮影の仕方を教えていただいていたが、実際にやってみると全くアドバイス通りにはいかない。大変難し~い。
 以前勤めていた勤務先で、ソフトボールの練習をしていた1年生の子どもが、「イチローのように出来ない(-_-メ)」とかんしゃく玉を爆発させたことがあったが、何となくその気持ちが分かる気がした。同じようにしているのにどうして出来上がる写真はこうも違うのか・・・・。
イラ!イラ!イラ! 本当にカメラって難しい!

子どもたちは、「宝石のお城」と呼んでいた。
100枚以上撮影して「まっ!いいか」と納得できるのはこの1枚だけだった。
なかなか思うような色にならない。
中村教授に「こんな青色ではないぞ~。」と、怒られそう。
見たような青色にはならない。カメラの設定が違うようだ。
森の魚も光の海で泳いでいるようだ。
見つめ合っていて欲しかったのですが・・・・!携帯を見ていたのでは興ざめ!

2014年12月23日火曜日

墓参

 「やまじい」の墓参りに行っってきた。やまじいこと山崎孝泰君(泰という字が違うが)が、突然命を絶って3年が過ぎた。
いまだに彼の死を受け入れられない人々は多い。また、彼を死に追いやった人を許さない人々も多いと思っている。私もその一人である。
 トップに立つ人間が、「部下職員は自分の好きなように使っていい。」という思いしか持っていないと無理難題を押しつけられてしまう。こんなトップはどんな社会にもいるが、せめて子どもの人権を大切にしている学校にはいて欲しくない。そんなトップは、すぐに辞めるべきである。

 彼は、「西予市の3羽ガラス・4羽ガラス」と言われ、西予市および南予の教育を背負って立つ優秀な人材であった。そんな、彼が命を絶たなければならなかった原因は未だに明確になっていないと私は思っている。
 彼が亡くなる前日に御五神倶楽部の飲み会をすることにしていた。奥様から「行けなくなった」と連絡があったそうだが、「来てくれていたら・・・・・」と思うと悔いが残る。
 平成23年8月18日・19日・20日のことは、今も鮮明に記憶に残っている。

宇和町大江の山裾にある山崎家の墓地
(親友のSさんに教えていただいた。)
多くの仲間が、墓参に訪れお酒を供えている。
彼と一緒の飲み会(しょかつ)はとても楽しかった。
53歳の生涯は、あまりにも短すぎる。
天国から奥様&子どもさんを見守って欲しい。

2014年12月20日土曜日

四国遍路 2-3

 今年最後の巡礼に出かけた。今回は、46番浄瑠璃寺から53番円明寺の松山市内の札所8ヶ寺である。 前日の寒波で今年一番の寒さであったが、太陽が出ていたし風がなかったので気持ちの良い参拝であった。
 北宇和島から三間にかけて、雪が残っていたが大洲市から松山までは全く雪がなかった。今回は、西予から北宇和島の間に多くの雪が降ったようだ。
 今回は、分かっている札所なのでゆっくり回り、17時前には自宅に帰ることができた。息子に大きな心境の変化はないが、「お寺を訪ねることが楽しい!!」と言っているので、この調子で巡礼を続けたいと思う。
息子は、まだまだぎこちない参拝だが一生懸命だ。
浄瑠璃寺の大きなイブキビャクシンの
妻曰、「とても気持ちが落ち着くお寺だ。」
何を思ったか、西林寺の門前の橋の上でポーズ!!
三人と一匹の参拝!
ランは、肩掛け袋に入れての参拝
浄土寺さんの対応がいまいち!前回も感じたが、無愛想(--;)
繁多寺の参道、この静寂さが好きだ。
あまりにも観光化された石手寺!また、政教分離でお願いしたい。
大宝寺の金堂(国宝)
円明寺にあるキリシタン灯ろう!
隠れキリシタンの信仰に使われたとの説がある。

2014年12月11日木曜日

撮影に行っていないので・・

 野鳥を撮影したいと思っていたが、うわつさんから「長いレンズがないとダメだよ。」とアドバイスを受けたので断念した。そういえば野鳥を撮影している方を見ると長い望遠レンズを付けて撮影している。私が持っているレンズは、300mmが最長であるのでとても撮影することはできない。やはり、最低でも1000mmくらいないと作品にはならない。被写体としての野鳥撮影は諦めた。
 このところ撮影に行っていないので、好きな飛行機の画像をアップすることにした。
 松山空港は、冬場の着陸は80%は山側からだそうだ。そうすると、離陸は海に向かってである。

B-737 R32(山側)からの離陸である。
タッチ&ゴーの練習中!!徳島航空隊のハイパー機
B-737 小さいが、安定性のある機体だ。
サーブ340B 時刻表にはSF3と表記される。
この便だけR14(海側)からの離陸である。
B-767 多くの航空会社で使用されている。定評のある機体である。

2014年12月8日月曜日

娘で~す。9

 等妙寺ウォークの後、どうしてなのか腰の調子がかんばしくないので撮影に出かけていない。
 娘のランが、今月になり二回目のヒートになり、しんどいのか寝るばかりしている。また、精神的にも不安定なのか、抱いてくれとすぐにすすり寄ってくる。
 そんなこともあるので、四国遍路にも出ることができない。今回の寒波で、焼山寺&鶴林寺&太龍寺の遍路転がしの参拝は、春になってから実施することにした。
 スタッドレスタイヤが5年目となり、「あまり効果が期待できないので雪の日は走らない方が良いですよ。」と言われた。来年は、新しいタイヤにしなければいけないかもしれない。基礎年金生活者には辛い!!(;_;)

毎日こんな感じでゴロゴロしている。
人の足の上で寝るばかりだ~。
妻が帰ってくるのを窓越しに見ている。
ノートPCを使っている時も膝の上にいるので大変だ。
このせいで腰が痛いのかも・・・・。
朝は、10時過ぎまでストーブの前で寝ている。

2014年12月2日火曜日

連絡をいただいたが・・・。

 今朝、早くにうわつさんから「和霊神社の銀杏が落葉して良い感じですよ。」と情報をいただいた。残念、家の用事をしなければいけないし、ランが2回目のヒートになり不安定になっているので置いていくことができない。「いつもいい情報をいただいているのに・・・!」と、後ろ髪を引かれる思いで断念した。
 和霊さんの前を通るたびに、銀杏の落ち葉を撮影したいと思っていた。しかし、タイミングが合わず撮影できずにいた。「今年も、ダメか~?!」とあきらめた。

 「そうだ、過年度に撮影した銀杏があるぞ~!」と思い探してみたらあった。事務所に勤務していた時、肥満対策で軽い昼食を食べて散歩に出るのが慣例であった。その時、デジカメを持って気になるものを撮影していたものだ。なんと撮影日が、2008年12月2日と記録されていた。偶然だが今日は、12月2日である。
 
快晴だったようだ。
きっと朝の内に掃除をされたのだろう。
この年は、素晴らしい黄葉だった。
構図が、悪いが・・・(;_;)
階段には、たくさんの落ち葉があったようだ。

2014年11月30日日曜日

今年も等妙寺へ

 旧等妙寺遺跡とかかわったのは、出向して文化財を担当していた時である。
 中世山岳寺院は、日本に3ヶ所あったそうだが、内2ヶ所は遺跡の場所も分からず残っていな。唯一確認されているのが、鬼北町にある「旧等妙寺遺跡」である。鬼ヶ城連山の「郭公岳(かっこうだけ)」まで続く山岳修験道場である。
 この遺跡の発掘状態を皆さんに見てもらい、ついでに健康づくりに寄与するというのがこのイベントのコンセプトである。今年は昨年より参加者が増え、100人近くに上った。鬼北総合運動公園駐車場に集合し、畑中の道を歩きながら現等妙寺を目指した。至る所で石垣技術研究機構・ 高瀬哲朗先生の石組みについて詳しい説明がありなかなか興味深い。歩くスピードもゆっくりなのだが、斜面を上がって行くので見た目よりは腰にくる。今回は、H前館長さん、貴公子さん、kacchanさんと元同僚のZenke女史と一緒である。現等妙寺では、婦人会の方々手作りの弁当と豚汁が待っている。とても美味しい!
 食後、等妙寺遺跡を目指して上がっていった。発掘作業は、確実に進捗している。担当者の情熱と理事者側の理解が、この事業を前進させているように感じる。

現等妙寺石垣と石段
境内は、紅葉も終わり晩秋のたたずまい!
いつもアクティブな貴公子さん!!
石垣を説明する鬼北町学芸員。腕組みしている方が、高瀬先生。
kacchanさん&H前館長さん&貴公子さん
新聞にも取り上げられている、高さ6mの石垣(素晴らしい景観)


上のブルーシートの所が、本堂があった場所で発掘が進んでいる。
お昼の弁当!!(参加費は、500円)

2014年11月28日金曜日

2回目の四国遍路 2-2

 今回は、冬季になると車が上がれなくなる遍路転がしの札所を回ることにした。44番大宝寺・45番岩屋寺・60番横峰寺・65番三角寺を回る予定であったが、時間があったので66番雲辺寺まで足を伸ばした。後は、12番焼山寺・20番鶴林寺・21番大龍寺の3ヶ寺も雪が降る前に巡拝を済ませておきたいと思っている。
 西予から久万高原町までは、霧がかかり良い雰囲気の中かを走った。貴公子さんの靴が壊れたのはこの辺りか、と思いながら久万高原町に入り、今回は、御三戸から回って岩屋寺に行った。霧の中の岩屋寺を想像したが、本堂のある所は、日光が当たり上天気であった。
 大宝寺は、大型観光バスが2台来ていたので「まずい!」と思ったが、すんなり納経が終わり、一路横峰寺を目指した。
 横峰寺は、およそ12・3kmくらい山道をくねくね上がって行かなければいけない。離合が大変である。お参りが終わり山頂の駐車場でコーヒーを飲んでいると、野生の「ヤマガラ」が飛んできて建物の中に入っていく。店の女性に聞くと「慣れているので、手の平に乗せたひまわりの種を取っていきますよ。」とのこと。早速、数粒もらいやってみるとすぐに飛んできて食べた。素晴らしい!!(^_^)v
 三角寺のお参りを済ませて時計を見ると、午後5時までに2時間ある。ここから雲辺寺ロープーウェー乗り場まで1時間だから間に合うと思い雲辺寺まで足を伸ばした。
 今回は、5ヶ寺をゆっくりとお参りをすることができた。
霧の中を歩いて上がった。ランは、快調!!
まるで天上界のようなたたずまい(^_^)v (穴禅定からの景色)
手ぶれを起こしているが、この構図が好きである。
大宝寺境内にあるお地蔵様 紅葉は終わっていた!
ひまわりの種を啄んで飛んでいく。何度もやってくる。
三角寺の山門に通じる石段と紅葉
鐘楼をバックに撮影してみたが・・・・。(逆方向からの写真)
息子が撮影!!