2013年6月30日日曜日

初夏のもてころ会

 今回は、私とYさんの退職のお祝いを兼ねての開催となりました。多くのメンバーに集まっていただき、旧交を温めることができました。
 また、世界中に一つしかないプレゼントをそれぞれいただき、ただただ頭が下がる思いです。
 楽しい会は、「あ~~っ!」という間に時間が経ってしまいますね。

 この会は、ほぼ年2回実に18年も続いているのですね。Oパパが、「私の還暦まで11年あるのですが、貴公子さん這ってでも参加してもらわないといけませんよ~・・。」と、言われていました。
 皆さ~ん健康に気をつけて、頑張りましょう~(^_^)v


参加者全員を撮影することができませんでした。ご勘弁を!

K画伯手作りの似顔絵をいただきました。(実にうまい!!)
また、このデザインをプリントしたTシャツもいただきました。


Aさ~ん松山からの参加ありがとうございました(^_^)v

2013年6月29日土曜日

天赦園花菖蒲配布

 昨年もいただいた天赦園の花菖蒲!「今年も植え替えが完了したので、明日から配布をします。」と前伊達博館長さんから連絡をいただいた。貴公子さん&Echanさん&kacchanさんにも連絡してほしいと言われ連絡!。

 今朝小雨の中、9時過ぎに3人(といっても、Echanさんはご夫婦で)そろって天赦園へ。入園料をうわつの大富豪様に出していただき入園!入り口すぐ右奥の菖蒲畑がきれいに植え替えが済んでいる。
 今年は、「濃い紫」が所望なのでその株を6株、そして、前館長さん一押しの「一番星」7株いただいた。早速購入していたプランターに移植。これで準備OK!(^_^)v しっかり水やりと肥料をやれば来年の5月には♪♪きれいな花が咲くでしょう。♪♪
小雨の中の「天赦園」 
艶があって落ち着いた感じがとてもいい!(^^)!

きれいに植え替えが完了していた。

今年配布される花菖蒲!種類ごとに分けてある。
(ありがたいm(_ _)m)

趣はないが、我が家の花菖蒲
(前が昨年いただいたもの。後ろが今年いただいたもの。)

2013年6月27日木曜日

Sコレクション展

 貴公子さんから「西条へ冷やかしに行かないかい。」というお誘いメールが来た。早速、貴公子さん&Echanさんそして私で出かけることにした。
 西条市といっても今治市との境目あたり、松山道から今治小松道に入り湯ノ浦で一般道に乗る。そこから、ものの10分くらいで「ギャラリー伊万里」に到着(^_^)v 
 道中強い雨が降っていたが、自称A級ライセンスドライバーこと貴公子さんの素晴らしい運転のお陰で道の駅「みま」から1時間30分で到着。

 ギャラリー伊万里に入って一番感じたことは、「違和感!」である。
 浮世絵からポスター、版画から油絵。はたまた、花瓶からおちょこまでいろいろなジャンルの作品が並べてある。私の感覚では、「気に入った作家の作品を追求して集める」というものであるのでそう感じたのである。
 Sさんが帰ってこられたのでそのことを質問した。Sさん曰く、「自分の感覚で素晴らしい!と感じたものをコレクションした。」なるほど。「納得!」
 20代の時、同じ職場に牛鬼の版画で有名な兵頭俊朗先生がいた。その先生の影響で美術に興味を持つようになったそうです。時には、一ヶ月の給料より高い値段の絵画を月賦で購入していったとか・・。
 それにしてもSさんの趣味の世界の奥深さ&広さに敬服した。素晴らしい時間と空間を共有できたことに感謝をしたい。(ギャラリー伊万里のご主人も元高校の事務長さんですごい方である。美術品収集での武勇伝がたくさんある方で、「お宝、何でも鑑定団」で出てくるような話を聞いていてビックリ!した。)







2013年6月25日火曜日

アウターシェード

 これから夏に向かって気温が上がると、それに連れて室温も急上昇する。
 
 我が家のリビングは、「朝日が燦々おはようさん」、和室は「夕日の立ち止まる部屋」状態になり、34・5度状態になる。
 節電が叫ばれている昨今、また、7月には生後2ヶ月の娘が来るので「何とかしてやらないと」と思っていたら、先日のウォーキングの途中、板島橋たもとの松○ガラス店の玄関前にスクリーンのような物が下げてあった。「これだ~!」と思い、ネットで調べたところ、「アウターシェード」であることが分かった。
 さっそく、見積もりしてもらったところあまり高くなかったので2カ所に取り付けた。
 雨続きで効果のほどはまだ検証できないが、過度な期待を持たないで梅雨が明けるのを待とう。


取り付けは、短時間で終了。


妻の意見を入れ、グレーを選択。
(グリーンの方が遮蔽率が高いのだけれど壁の色に合わないと言うので)


下側を前に引っ張って斜めにすることもできる。

室内から見ると「効果があるの?」という思いにもなるが、
3段構えだから何とかなるか~も・・・!(^^)!

2013年6月24日月曜日

座学のすすめ!!

 今年度から、貴公子さんの勧めもあり、愛媛県歴史文化博物館の友の会に入会した。

 友の会では、歴史文化講座が15回実施され、自分が聴きたい講座を事前に申し込み、その講座を受講する。
 
 昨日は、「南海地震・津波の記録と言い伝え」-古代から昭和南海地震まで-と題して当館大本学芸員の講義があった。(ecchanさんも参加されていた。)
 四国災害アーカイブス活用の手引き~地震・津波版~、「愛媛県地震被害想定調査の結果(第一次報告)等を使用して、愛媛県関連の主な地震を684年(天武13年)から1960年(昭和35年)までを細かく説明された。

 おもしろかったのは、高知県や徳島県には、地震や津波の記憶を後世まで伝えるための記念碑がたくさんあるが、愛媛県には非常に少ない(大本氏が調べた中には、1854年(安政元年に発生した南海地震の犠牲者を弔うために明浜町俵津のお寺にお地蔵様を建てたという記録が唯一ではないか。)ということである。
 高知や徳島は死亡者数が非常に多いので、地域を挙げて御霊を弔い悲惨な事故を後世に伝えようとしたが、愛媛は死亡者数がかなり少ないので、亡くなった方の親族者たちがお地蔵様を作り祀ったのではないか。そうすると、その親族者たちがいなくなればお地蔵様を建てた意味やいわれが分からなくなってしまう。だから、愛媛には地震や津波のことを印した石碑等が少ないのではないか。等々ecchanさんと楽しく話をした。

 しばらく我が脳を使っていなかったので良い刺激になった。
 次回の座学は、「伊達宗城と公家の交流」「伊達宗城と旗本との交流」と続く(^_^)v。おっと!その前に体験学習で、善通寺市&四万十市&西条市の訪問がある。



開会前で参加者が少ないように見えるが、結構な参加者があった。
それだけ関心が高い講座ということか。

16ページに及ぶ膨大な資料であった。

 

2013年6月20日木曜日

ウォーキングの途中

    雨が落ちていない時は、できるだけ思いに任せて一時間前後歩いている。今日は、雨!歩かない。
    ウォーキングの途中で目に止まったものをiPhoneで撮影している。最近撮影した画像をアップした。(珍しいものではない(-_^) )

財津和夫さんが歌った「サボテンの花」が頭をよぎった。
♫君が育てたサボテンは 小さな花をつくった♫

 ここは、プールでの運動療法をメインにした病院であったが、数ヶ月前から
工事関係者が入りリニューアルしていた。病院名のプレートがなくなっていた
ので「?」 
 新聞広告によると、介護関係の施設になった。

たわわに実を付けている。摘果などというものはしなくて良いのか?

早咲きコスモス?! 気が早いといっても早すぎではないか!

2013年6月19日水曜日

野川&愛宕山一周(その2)

 一宮様まで降りてきた時、「そうだ!ついでに宇和津校まで足を伸ばそう!」と思い自転車を走らせた。
 一宮神館の横を通り左折、野川や宇和津町・大超寺奥の子どもたちはこの道を通らないと学校へは行けない。砂時計の真ん中の凹んだ所のような場所である。たかだか5・60Mの距離であるが、ここに立っていれば楽に指導ができた。道路の途中にK氏&T氏宅があるので、すぐに情報が入り対応することができた。
 原田の花屋さんから毛山橋の間は、高低差が大きく水泳や陸上で疲れて帰る子どもたちもしんどそうに歩いていた。また、少なくなったしまった銭湯がいまだにあるのが嬉しい。この場所にも、F氏&N氏宅があるので、子どもたちの様子がよく分かった。

 ノスタルジーに浸りながら、自転車を走らせるのも楽しいもんだと実感した。(鬼城さんが、自慢の自転車で颯爽と走っておられる姿をよく見かけるが、同じ思いなのかな~?)

砂時計の真ん中のような場所!


原田の花屋さんからNさん宅の方を見る。


結構きつい勾配

ある意味宇和津校を語る時、外すことはできない毛山橋
今は、歩道が整備されているが・・。

正面は、仏海寺!Hさんの実家

出ました!宇和津校(私と同じ年齢だったと記憶している。)

2013年6月18日火曜日

野川&愛宕山一周(その1)

 20数年ぶりに野川と愛宕山に行ってきた。宇和津町での所要を済ませ、マウンテンバイクにまたがり竜華山等覚寺横を通り上を目指した。
 ここがワ○君が住んでいた社宅(今は影も形もない)、ここは千里さんが住んでいた家?、ここは直君が住んでいた家?等々思い出に浸りながらペダルをこぎ続けた。
 折り返してから、中さんが住んでいた家?の前を通り(建物はなかったが)金剛山大隆寺をお参りした。 大隆寺の中に児童公園があるが、ここで今は亡き麗子さんが弟とよく遊んでいた。

 愛宕公園の坂も自転車に乗って登ろうと頑張ったが、最初のカーブで断念(--;)あとは、エッチらオッチらと自転車を押して上がった。展望台は、気持ちの良い風が吹き抜けおり、しばらく間、眼下の町並みを眺めていた。
                    (コンデジ撮影 : Canon IXY430F )
野川の一番奥の橋?(賀茂橋)だったように記憶している。
 

大隆寺前の道路 下がっていくとHさんのお家があった。
ヒマラヤンの猫が居たっけ?! 



周りの樹木が覆い茂り展望が悪くなっていた。 


一番奥に見えるのが城北中


手前、市立病院 後ろ城南中&県南中等 

宇和島YH 我が青春の思い出の地!(^^)!

あじさいと大超寺

 

2013年6月17日月曜日

子どもたちの美化活動

 鶴島小の子どもたちは、鶴島公民館とタイアップして、自動車道下の道路の花壇に花植えをしたり、プランターに花を植えて各場所に配布したりしている。
 先週、マクドナルド近くJAローンセンター前の花壇に「ポーチュラカ」を移植した。ここは、交通量がかなり多いので担当者は「子どもたちが事故に遭わないように」と細心の注意をしながらの活動である。

 ところが、植えた後何日かすると植えたはずの場所から苗がなくなるのである。昨年度、ビオラを植えた時には、20本以上の苗が盗まれてしまった。考えられないことである。中には、盗んだ苗を転売っているとの情報もあった。このような行為をするのは、宇和島市だけではないのだろうが、美しい日本人の心を捨ててしまった方に寂しさや憤りを感じてしまう。


除草や水やりも大変です。



さっそく、自転車での乗り入れがあった。