2017年4月30日日曜日

中山池のポピー

 春の中山池周辺にポピーが植えてあるのは知らなかった。知人のFBに画像がアップされていて急いで撮影に出かけた。
 いささか盛りを過ぎたかな~という状態だったが、風に揺れる花を見ていると心が落ち着いてくる。「心が和む」というのは、こういう状態を指すのだなと思った。
森の魚たちと一緒に!
たくさんの花が風に揺れていた。
なかなか可憐な花だ~!
一本だけ違う種類の花があった。
この畝は、終わったのか・・・。
全員集合~!ってか~・・・。
とても気持ちが良い場所だった~。

2017年4月29日土曜日

Flightrader24

 フライトレーダーとは、飛行中の民間航空機の現在位置をリアルタイムで表示するウェブサイトである。
 自宅にいる時は、このフライトレーダーの画面がPC映り、羽田空港の航空管制の音が狭い私の部屋に響いている。
 先日、知人が東京に所要があって行った帰りの飛行機を追跡してみた。
 現在、日本航空はインターネット無料キャンペーン中なので自由に使えるそうだ。友人とは、LINEでやり取りしながら情報を送った。
 知人が搭乗したのは、日本航空437便羽田発15:00ー松山着16:30であったが、出発が遅れ15:28の離陸だった。(飛行機の場合、大都市に向かう場合の便名は偶数、大都市から来る場合の便名は奇数となっている。) 
 途中、パイロットから「挽回に努めているが15分ほどの遅れがあるとアナウンスがあったそうだ。」最終的に11分遅れの16:41に到着をした。混雑している日本上空で、きちっと管制コントロールされて飛行では、遅れを取り戻すということは難しいことのようだ。
 航空機の出発&到着は、+-15分なら「定刻」なるので定刻の到着となった。
 飛行機オタクとしては、自宅にいながら旅行気分が味わえるとても楽しい時間だった。
日本の空は大混雑!

羽田空港B滑走路Runway16Rからの離陸だった。東京湾に向けての離陸となる。
厚木市上空で巡航高度に達したのでラインの色が青になった。
(羽田の西側には広範囲に横田空域があり米軍が航空管制圏を握っている。
その空域を避けるために迂回して飛ばなければならない。
日本でありながら日本でない空域がある。)
この日は、富士山の真上を飛行したが、雲が厚くて見えなかったようだ。
名古屋市・京都市・伊丹市上空を飛行する。
岡山県笠岡市上空で着陸に向けて降下を始める。
次第にラインの色が、薄くなっていく。
興居島沖で最終アプローチ体勢になる。
松山空港に無事着陸した。


2017年4月27日木曜日

天赦園上り藤

 季節は、桜から藤・ツツジへと移っていっている。
 18日に撮影に行ったが、人が多くて風があるのでなかなか良い状態ではなかった。ただ、風があったので楠木の葉が移動して水面は良い状態だった。
 19日朝起きたら風がないので朝食を取って天赦園に走った。風は良い状態だったが、楠木の葉が一杯落ちていて美しくない。
 春のイベントが少なかったので各報道機関が天赦園の白玉藤を取り上げたのが、多くの人でにつながったのではないかと担当者が話されていた。
PLの効果が、最大になるように調整した。
二回目の朝は、楠の葉っぱが多くて上手くいかなかった。
映り込みを期待したが、思うほどにはならなかった。
周りに甘い香りを漂わせている。
ツツジも盛りになりかけている。
大阪から来たという女性も感激されていた。
楠の葉っぱを何とかするともっといいのだが・・・。
石灯籠が、いたる所にあるので入れてみた。

2017年4月25日火曜日

山本牧場芝桜

 津島町御槙にある山本牧場の垂れ桜と芝桜が良い頃だろうと出かけてみた。平日なのに次から次へと見物客がやってくる。今回は、弁当を持って遠足気分のお出かけである。
 「下見に来た」と、数人の知人にあった。この時期、家族や仲間でやってくる場所としては、とても良い場所である。
垂れ桜が思っていた以上に多く、今が盛りと花を付けていた。
昨年生まれたヤギさんなのか、無心に草を食んでいた。
昨年、「雑草取りが、大変なんですよ。」と、うかがった。
今年は、その対策がなされていた。
新緑が、目に心地良い。
娘も毎週のお出かけで喜んでくれているのか・・。

2017年4月23日日曜日

肱川丸山公園

 予子林の垂れ桜を撮影した後、鹿野川ダムに向かい丸山公園のシャクナゲを撮影した。
 開花にバラツキがあるが、見頃を迎えたシャクナゲが結構ある。地域住民が、大正時代から植え始め、今ではシャクナゲの有名な場所となっている。
咲き始めなので花びらもシャンとしている。
久しくこのような群生は見たことがない。
自然の色は、見ていて飽きが来ない。
樹勢があるのか、花付きが良い。


玉ボケを意識したが・・・。
ミツバツツジも満開になっている。








2017年4月21日金曜日

奈良野八幡桜

 西予市予子林地区に「奈良野八幡桜」という垂れ桜がある。昨年、先輩に教えてもらった色の濃い垂れ桜である。私は、全く知らなかった垂れ桜であり、足を踏み入れたことのない場所であった。
 旧横林中学校昭和29年に卒業した生徒さん方によって植えられたそうだ。樹齢63年になるのだろうか。
 先日大火事があった所を通り、15分ほど走るとその場所に着く。車を駐車し、垂れ桜を見ると二人のカメラマンが撮影している。近づいて見ると何と知り合いの先輩方であった。
 見ているだけで心が穏やかになってくる垂れ桜である。
 
天気が良すぎたので撮影には不向きであるが・・・。
素晴らしい色で豪華である。
よく手入れされている。
枝振りも見事である。
重すぎて折れそうである。

2017年4月19日水曜日

小田立石地区の桜

 旧小田町内に入る手前を右折し、しばらく細い山道を走ると「相野の桜」に着く。ここは、近年有名になった桜である。着いた時も南○放送局の取材が入っていた。
 また、年配の女性の方が誰彼となく「シャッターを押してくれ」と依頼する。シャッターを押すだけならいいが、「あの枝を入れて」とか、「この帽子を見えるように入れて」とか、とにかく注文が多い。他の見物客のことは眼中にない。困った見物客である。
 相野の桜から時計回りで山道を半周すれば「尾首池の桜」に着く。昨年初めて撮影に入ったが、精神的に落ち着く場所である。日本の原風景を見る思いである。
主人が、20歳の頃植えたとか。樹齢は、60年以上になるらしい。
菜の花も満開となり、良い光景に立ち会えた。
春の花そろい踏みといった感じ。
風がなかったら映り込みが見られるのだが・・。
奥に見える家の方が、植えたのか?(4/19南海放送で説明がある。)
綺麗に手入れされていて美しい~っ!